喜びの共創、感動の共創、幸せの共創を経営理念に社員、お客様、家族が共に創り上げて共有する事を目指しております。

鹿児島県鹿児島市薬師1丁目20-25 エコスペースビル1F

099-295-6403

営業時間:8時~19時

ブログ記事社長ブログ

社長ブログ

7月9日を迎えて

投稿日時:2019/07/13(土) 15:35rss

先週の3日の大雨は凄かったですねwink

被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

7月も半ばになりましたが、梅雨明けはいつ頃になる事やら....

私事ですが今週7月9日を迎え46歳になりました

最近では、人生100年と言われるようになり、そう考えるとまだ人生の折り返しも迎えてないのかと思いますが、46年間苦しい事もありましたが振り返ると幸せな人生だと思えます

この人生を振り返るには46年前に母が産んでくれたことに始まります。

ありがとうの本当の意味は「産んでくれてありがとう」が感謝の真髄だと言われています。

まだまだ表面的な感謝しか出来てないと反省する日です...

最近ラインを始めた母から誕生日にメッセージをもらいました

以下母から頂いたメッセージです

『🎂お誕生日、おめでとうございます。章宏さんが生まれた日も今日みたいな暑い日でしたが、湯たんぽを入れてやっと生まれてきました。その時の後遺症で手の痛みがあり申し訳なく思います。』

母は私を産むのに10日間かかり、三途の川で黒装束の人が手招きして渡るか渡らないかの瀬戸際を経験したと、大人になって聞いた事があります。あの時母が自分の意思を強く持ってくれたから、私が在り、母も在り、父も弟2人も、私の子供達2人も在ります....

文中にある後遺症ですが、私は20歳の時右手の痺れから頸椎の手術をしております。
今でも右手の痺れや痛みで寝れない日もあります。

ただ、私は自分の事だと思っていたのですが、母が責任を感じているのだという事を今回初めて知りました...

私は手の痛みからイライラする日もあり、自分の痛みは人には分からないとか、痛みから逃げたい、良くなりたいと26年間過ごしてきました。自分の事だけの私...自分優先の私...

私のこの右手の痺れ、痛みは母が出産の時の痛みに比べてどれだけのものなのでしょう!?

そう考えると痛みから逃げることではなく、今の痛みを受け入れる事が出来ました。

46年目にして意味づけが180度変わりました

また、文中にある「やっと生まれてきました」のやっと!普段やっと出来た!とか苦労して出来た事をさも自慢げに使っていた私...

自分の人生は自分でつくるとか、運命を切り開くのは自分しか出来ないと言われますが本当にそうなのか!?

周りのお陰で自分が在る事を本気で感謝して自分の人生を幸せなものにしていきます。

お母さん 46年前に産んでくれてありがとうございました

 

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

099-295-6403お電話

資料請求

お問合せ