喜びの共創、感動の共創、幸せの共創を経営理念に社員、お客様、家族が共に創り上げて共有する事を目指しております。

鹿児島県鹿児島市薬師1丁目20-25 エコスペースビル1F

099-295-6403

営業時間:8時~19時

ブログ記事スタッフブログ

スタッフブログ

あなたにとって○○とは?

投稿日時:2019/10/21(月) 11:57rss


働きアリってさ、見ていると絶対働いていないやついるよね。

列をなして列を崩さずに行進するアリをみると団体行動の凄さに感心していますが
でも。。。
絶対にはぐれているアリがいる。
アリだってさぼっちゃうのだね

滝の流れをずっと眺められちゃう人は人はよく聞くけど、、、
アリの行進もなんだか眺められちゃう
皆さんこんにちは!今吉です。

アリだってチームを組んで毎日毎日行進し続けているけど、、、
さぼるアリもいるってことは、チームワークも悪くなる時があるのかな?
アリも実は不仲説??(笑)

人と変わらないのかな?

うん。アリの話は置いといて。
私の働いている会社である株式会社エコスペースもチームワークを重んじています。

先日こんなものをみんなで書きました!


「あなたにとって理想とするエコスペース(チーム)とは?」

このテーマにそって全員で書き込みました!
マルで囲んである言葉が社員それぞれの「理想とするエコスペース」

それに波線してそれぞれの「理想とするエコスペース」実現のための意見を全員で書き込みました!
普通がなんなのかわからないけど・・・
こんな話を真剣にできる会社って全国にいくつあるんだろう?

大きくなればなるほど傲慢さが出るのは私が学生時代にしてきた野球と同じ。
弱小のときは、わいわいそれぞれが楽しみ意見を合わせる。
強豪になればなるほど競争が激しくなり個々の意見がさかんに飛び交う。

どっちがいいの?っていうと私はきっと後者がいいと思う。
ただ後者になったときに見ている先。
高校野球でいうと「甲子園」
ラグビーでいうと「花園」
サッカーでいうと「国立競技場」
そこのベクトルが全員合っていれば個々の意見が力になる。チーム力向上

そのベクトルがチームで様々な方向を向いたまま個々の意見が飛び交うと全く前に進まなくなります。チーム力低下
ボートを漕ぐのと一緒ですね。同じ方向に漕がなきゃ進まない。
勝てないチームの典型です。

チームワーク。いろんな答えがあるかと思いますが、、、
同じベクトルに向かって意見を飛び交わせることが本当のチームワークのように感じます。

株式会社エコスペースは、とりあえず書き出した「理想とするエコスペース」ですが
みんな似たような意見ばかり
これって社長であるリーダーである司令塔である「安田社長」の魅力ですよね
社員ながらに思う。
この会社で家を建てられた方はきっと幸せだろうに・・・。

今回はこれまで!
それでは!

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

099-295-6403お電話

資料請求

お問合せ